ストレス睡眠

不眠症の原因の一つ、ストレスが睡眠に影響する理由

不眠症の原因の一つといわれているのがストレスです。ストレスが睡眠に影響する理由は、頭の中の独り言が止まらなくなるからです。精神的なストレスがある状態で床に就くと、色々と考え事をしてしまいます。人間関係でストレスがある人は、眠りにつこうと思っても、あれこれと頭の中で考えてしまいます。様々な考えが、次々と頭に浮かんできては、頭の中の独り言が睡眠を邪魔します。頭の中で独り言を言っていると、段々とイライラや怒りの感情も出てきます。感情が乱されると、次の独り言がすぐに頭の中で始まるので悪循環です。そうなると無限ループに突入し、結果的に、交感神経が活発になって寝付けなくなります。精神的ストレスがあると、根つけなくなり、熟睡感が得られなくなります。ストレスのせいでレム睡眠が増えてしまうというのも、睡眠に影響する理由一つです。質のいい睡眠を得るには、熟睡感の深いノンレム睡眠か大事です。ノンレム睡眠は脳の疲れを回復させる効果があるので、スッキリ目覚めることができます。精神的ストレスがある人は、ノンレム睡眠が減り、レム睡眠が増える傾向にあります。レム睡眠が増えるということは、ノンレム睡眠が少なくなるので、疲れを翌日に残すことになり、不眠症の原因になってしまいます。

 

アスタキサンチンとマキベリーを配合したサプリメント